複数の不動産会社の相見積りをとる

査定比較で良い条件で売却しよう

比較

不動産を売却する際にはまず相場がいくらなのかを掴むことが大切になります。

1社に駆け込んでその相場を訪ねたとしても他の会社ならどうなのか比較が出来ないので効率的とは言えません。

どうせなら高く買取ってくれるところを見つけ媒介契約を行いたいと思うものです。

サイトで探せば複数の業者が参加する無料の一括見積というところが見つかります。

物件情報と個人情報を入力すると多くの会社からその査定の額が次々に通知されて来ますのでその中から一番高い値段をつけたところに依頼することが出来ます。

但し業者も色々な事情を抱え提示して来る価格も幅を持ちます。

そしてもう少し詳しい額を知りたい場合には実際に現場を見てもらって実情補正を行ってもらう訪問査定の方法を選ぶことも出来ます。

査定は鑑定ではなくあくまで参考

査定

不動産の査定は近隣で実際に行われた取引からその価格を実情に応じて補正する場合や、流通近代化センターから出されている不動産価格査定マニュアルという資料を元に記入して行って算出することが多いものです。

このマニュアルは一般人も資料を得て計算することも可能です。

不動産鑑定評価という方法もありますが、これは物件の種別や規模によって手数料もかかり価格も変わってきます。

一般にはこのような方法はとられず無料の一括査定を利用することが多いものです。

このマニュアルは立地場所や数値や条件に従って記入して行くと算出することが出来ます。

戸建て住宅の場合は原価法、マンションや住宅地の場合は取引事例比較法が採用されています。

インターネット上から査定の項目を入力することが出来ますし、査定の結果をレポートにまとめたものを印刷して価格提案書の作成も行うことが出来ます。

通常は現状の市況や周辺の取引動向から3ヶ月程度の期間を目安にして算出されています。

専門家による鑑定評価ではなくあくまでも参考になる内容のものです。

複数の会社の相見積もりを取った際のデメリット

デメリット

無料の一括査定では査定の額があまり高すぎる場合にはこれを信じて媒介契約を行うと購入希望者を見つけることが出来ない場合が出て来ます。

結局期間が経ってから価格を下げなければならなくなることがあり、その期間損失となります

買い手があって売買契約が成り立つものと見ることができ、購入希望者もその辺りの相場もよく知っているものと思って良いものです。

価格査定には机上査定と訪問査定という2つの方法が有り、サイトを通じて物件情報と個人情報を入力することになります。

一括査定のサイトは1ヶ所だけでなく他にも多くこの種のサイトがあり、不動産業者も全国で約12万社あると言われています。

従って欲を出して複数のサイトへ申し込んだ場合、返事を返せ切れない程多くの業者から連絡が届くことになりますので対応できる程度の数に留めておくことが大切になります。

又、地元を中心に情報力に優れ地道に行っている業者はこれに参加していないことも知っておくことが大切です。

個人情報は保護されますが、査定を行った後何ヶ月も経って知らない業者から営業の電話がかかって来るということもあるとされます。

そういう際には国土交通省のサイトで取引価格の情報を閲覧することも出来ます。

Posted by oyado