売却を途中でキャンセルした話

売却行為をキャンセルした場合

バツ

住宅の売却行為をキャンセルした場合には、これを行うタイミングにより費用が発生する場合があるので十分な注意が必要です。

住宅の売却については宅建業法と言う法律においてその契約の方法や違約金の金額等が定められており、
その手順に従って行うことが必要と定められています。

基本的に契約が成立した場合には売主は手付金を受け取ることが決められており、また契約が成立した後売主の都合によりキャンセルする場合には手付金の倍の金額を相手に対して支払うことが慣例となっています。

ただし売買契約が成立する前に売却行為をキャンセルした場合には法律上は違約金を支払う必要はないため、住宅の売却行為を行う際には充分に注意することが必要です。

売買契約をキャンセルした場合

ストップ

売買契約をキャンセルした場合には宅建業法により基本的に手付金をキャンセル料を払うことが定められています。

通常契約が成立した場合、買い手は売り主に対し手付金を払うことになり、
その金額は物件価格の10%程度が相場です。

すなわち売買契約の際には物件価格の10%を買い手が売主に支払う決まりになっているため、買い手の都合で契約を破棄する場合にはこの手付金がキャンセル料として支払われることになります。

一般的には買い手側が契約を放棄する事は比較的多く、その場合には支払った手付金を放棄することでキャンセルが成立するケースがほとんどであるため、比較的多く行われています。

一方売主の都合で売買契約を破棄した場合、手付金を返却する事はもとより、この金額と同額の金額を買い手に対して支払うのが一般的で、これを手付倍返しといいます。

売買契約を破棄する場合には費用がかかるので基本的には契約を行う前に十分に検討してから契約を行うことが重要です。

売却キャンセルにしないための行動

応援

一般的に不動産の契約においては買い手がキャンセルをする事は比較的多いのですが、
売主がキャンセルをする事は非常に珍しいことです。

一般的に売主は十分に検討した上で住宅を売却することを決めているため、買い手がついてからキャンセルをする事はあまりありません。

売却をする際には金額なども十分に検討した上で売却を決めることがほとんどで、そのための準備はしっかりとされていると考えるのが多いためです。

しかし、喫緊にお金が必要になった場合など慌てて売却を決め、買い手が決まった後で売却キャンセルをすることは少なくありません。

売却を決めた際には経済的な問題が発生していたが何らかの事情によりその問題が解決した場合など住宅を売却しなくても済むと言う状況になるケースも多いのです。

ただし売主がキャンセルする場合には売買契約が成立した後では売主側も大きな金額の負担をしなければならないため、売買契約を行う前に充分に金額面やその他の面などを確認することが必要です。

特に不動産外車に仲介を依頼している場合などが不動産会社が契約行為を急ぐケースが多いため、その状況について逐一確認をしながら契約を進めることが重要です。

また買い手に対しても不安な面がある場合には契約行為に至る前に十分に確認することが大切です。

体験談

Posted by oyado